★もこ絵日記★

~いつか可愛いイラスト描けるようになるかな?を検証する もこ絵日記です~

ロフトネットストア

2016.2.7(日) イラスト教室 #38

f:id:moko619:20160309080135j:plain

2016.2.7(日)

憧れていることがあります。
絵が上手に描けるようになることです。
頭の中ではあんな風に描きたい、この状況を絵で表したいと常々思っているのですが、いざ描いてみると‥‥思ったように描けたことがありません。
絵心もなく、元々描けないのに無理やり描こうっていうのがいけないのかもしれません。
絵描きさんでも、イラストレーターさんでも、誰でも最初から上手くなんて描けなかったでしょうし、練習もいっぱいしたでしょうに、もっと感情をむき出しにする画家さんだって、努力の結晶なのでしょうに。
私は努力もなく絵が描けるようになりたいだなんて、のんきな事を言っています(^^;;

そんな時、SNSInstagramTumblrをのぞき見してばかりいる私です)であるイラストレーターさんが目に留まりました。
とても綺麗な絵と塗り絵(色鉛筆)をする方です。
毎日のように更新されていたので、いつも眺めていたところ、その方の絵が展示されている写真が載っており、見てみたら、お名前が出ていたんです。
こそこそとfacebookで調べてみたら…facebookページも設けておられ、フォローさせてもらおうと思って"いいね!"だけを押したつもりが、どうやら友達リクエストを送ってしまっていました。
すると、すぐさま、ご丁寧なメッセージをいただき、ちょっとしたやりとりの後、お友達にしていただきました。
それが昨年12月中頃の事です。
その方はfacebookで毎日ひとこま絵日記を投稿されていて、今もいつも眺めています。
こんな私でもイラスト描けるようになりたいなぁと強く思っていたので、よし!2016年からは絵日記描くぞ!と気合を入れたのはこの頃です。
この方に、絵が苦手な方でも毎日コツコツ積み重ねると、それなりに見えてきますよというアドバイスも受けつつ、誕生したのがこの★もこ絵日記★です。

そして、その後も何気なくその方のfacebookページを見ていたら、なんと東京(普段は島根や大阪で活動をされているようです。)で簡単イラスト教室を開催されるとのこと。
しかも私の職場の隣の駅でっ。すっごく近い!
日曜日で仕事はお休みではありませんが、ギリギリ間に合う時間。
もうこれは何かの縁でしかないっ!と思って、即参加‥‥とは行かず、しばらく悩んでいました。
仕事前だとだいぶ早起きしなくてはならなくて、そこがネックでした。
だって遅刻できないし…ホントに寝坊が怖い…。
でも開催数日前、そのイラスト教室でキャンセルが入り、1名空きが出来たという情報が。
もうやっぱりこれは何かの縁なのだ!と思って、思い切って「行きます!」と参加することにしました。
それが、この日(2/7)です。
会場は色々な作家さんの作品を展示し、販売をするような雑貨店。
とてもこじんまりとしたお店の一角で、なんと生徒は私を含め3名。
私だけが初参加の教室でした。
地に足が付かない状態で始まった教室。
もうドキドキものでした。
まず、直線を書くところから始まり、〇や△や▢□。
最終的にバラや小さなつぼみ(↑上の絵です)を書き上げる2時間の授業でした。
もうあっという間の2時間でした。
いつもTumbleで見ていた素晴らしい絵を手元で見られたり、先生が走り書きをした紙をいただいて来たり、アイディアを貰ったり、もう本当に感激でした。
とても気さくな先生でしたし、初めての参加でもすんなりと馴染めました。
「もこさん(もこさんとは呼ばれてません(笑))のバラはとてもエレガント!私には描けない線ですよー!」とお褒めの言葉まで。
絵は真似から始めてもいいんですよ。というお話もあり、私の大好きなイラストレーターさんの絵でも真似してみようかなぁとか思ったりして。
それからも毎日のように先生のイラストを眺めてはすごいなぁすごいなぁと憧れています。

そして…実は3月13日(日)にも私にとっては2回目のイラスト教室に参加表明しています。
次回までには練習してきます!って宣言してきたけど、全くしていないまま図々しくも参加。
すっごくすっごく楽しみです。
この★もこ絵日記★の絵の成長はまだまだですけどもね(^^;;
いつか、いつの日か、ちゃんと見られる絵になることを夢見て。

 

 

2016.2.6(土) 野球人生 #37

f:id:moko619:20160228085256j:plain

2016.2.6(土)

現役時代から監督まで、大活躍をした方々が職場であるお店へ寄ってくださった日がありました。
大洋ホエールズで現役時代、大変な活躍をされた方です。
野球のお話です。
私の父は大洋時代から今でもずーーっとチームの大ファンですが、残念ながら私は野球に詳しくなく、お名前は知っていますが…というとても失礼な感じでした。
「父が今でもファンです!」と伝えると、喜んでいる様子で、とても優しくお話ししてくださいました。
3、4名様でいらっしゃったのですが、どうやら学生時代からの先輩、後輩というお仲間です。
もう〇〇年経っているのでしょうか。
それでも先輩と後輩の関係は崩れておらず、上は上。下は下。
年上だからって、威張るなとか、年下だからって使い走りになんて事は突き抜けちゃっていて、逆に潔いなぁと感じました。
さすが体育会系。もう先輩は70歳代でしょうか。とってもとっても元気です。
先輩がもう一杯飲むなら、後輩も飲む。
そこに無理やりはなくても、もう体に染みついちゃっているようでした。
そして、そういう年代の方々のそういうやりとりを少し微笑ましく眺めてしまう私なのでした。

 

2016.2.5(金) #36

f:id:moko619:20160303090812j:plain

2016.2.5(金)

久しぶりにカントリーマアムを食べました。
夫さんが、子供の頃に食べたカントリーマアムのしっとりしたクッキーのすごさを思い出して話をしていたため、ちょっと食べたくなったからです。
ちなみに、夫さんは甘いものは殆ど口にしません。
カントリーマアムも本当に子供の頃の記憶のようです。
うん、確かにしっとりしています。
そして甘い。
20代の頃は確かいっぺんに何枚も何枚も食べられたなぁ。
でも今はすごく頑張って3枚までです。
しかも甘くない飲み物がないと食べられません。

しっとりが特徴のカントリーマアムかと思ったら、サクサク系もありました。
頂き物の缶コーヒーと。(これは別の日のショット)

f:id:moko619:20160303101120j:plain

 
 ***
アマゾンって何でも取り扱ってるんですね。ビックリしました。
↓こんなバージョンもあるんだ。

 

 

2016.2.4(木) 読みたい、書きたい #35

f:id:moko619:20160228085226j:plain

2016.2.4(木)

読んだり、書いたりしたいものが山積みで、忙しいんです(笑)
毎日家と職場の行ったり来たりだけですが、そのちょっとしたすきま時間に、ちょびっとでも読もう、書こうと思っています。でも仕事に追われたり、横になるとすぐに眠くなり、気づくと全く開けていません。
そういう訳で、大量の本や手帳類も家と職場を行ったり来たりしています。
そのせいで鞄が…すごく重たいんです。これに2リットルのお水を持ち帰る事もあったりで、徒歩20分。かなりの体力づくりになってると思います。
でも仕事終わりは過酷なので、手帳類はともかく、本は1日一冊までしか持ち歩かない事にしました📖
今はたかぎなおこさんの『良いかげんごはん』です。まだ読んでます。
やっぱりたかぎなおこさんのコミックエッセイは良い!
私好みの絵ですし、ゴチャゴチャしていそうだけれども、実はとても素朴です。
ホッとしながらも意欲が沸いてきます。

たかぎなおこさんのコミックエッセイについては過去にこんな記事も。
↓現在この本、友達に貸出中。久しぶりに読みたくなってきたー。
そして、春なのでまた歩きたくなってきたー。
あーまた今読みたい本が増えてしまったっ。
スタンバイしている本もあるのにー。

moko619.hatenablog.com

 

2016.2.3(水) 2年に1回のペース #34

f:id:moko619:20160228085145j:plain

2016.2.3(水)

2年に1回のペース。
それは夫さんと私以外の人がうちへ入るという事。
いつも誰が来ても良い部屋ではないので、予めこの日に伺いますという訪問の予約は相当のプレッシャーで入っていい部屋として整えなくてはなりません。
(その辺の事は★プチプチ断捨離★にてメチャクチャかめさんペースでやっているんですが…)

さて、今回の訪問者は、ネット回線の更新工事の方。
「うわっ。私達以外の人がうちにいる!そして、その人の足音が妙にうるさい!うちらは結構静かに暮らしているんだなぁ。(夜中は喧嘩することも多く、結構ご迷惑おかけしてそうですが…) 動く時にこんな足音しないもん。下の人にドタバタが聞こえてそう…(^^;」(心の声)
基本的にはテレビの脇での作業。
“相棒”の再放送を一緒に見ながら(?!)、ものの20分程の作業でしたが、妙に長~く感じました。
お陰様で通信速度が速くなったそうですが…特に不自由も感じていなかったので、あまり実感出来ていません。
お疲れ様でした。

 

 

2016.2.2(火) なかなか読めないコミックエッセイ #33

f:id:moko619:20160228085127j:plain↑ 鉛筆がぼやけて汚い写真ですみません。絵もひどいです。

 2016.2.2(火)

たかぎなおこさんのコミックエッセイは本当に大好きです。
ほのぼのとしたいつもの生活をどうしてこうも表現出来るのか。
何気ない毎日から一生懸命さが伝わってくるのです。

そんなたかぎなおこさんの最新作『良いかげんごはん』(いいかげんごはんと読みます)がなかなか読めずにいます。
本などもそうですが、近頃読み始めるとすぐ眠くなってしまって。
すごくすごく読みたいのにすぐ眠くなる。
読みたさが足りないのか、春だからなのか‥‥。

でも読みたい時に読めるように、いつも持ち歩いています(^^)♪
それだけでちょっと嬉しい。

 

 

 

 

2016.2.1(月) 私を必要としてくれる? #32

f:id:moko619:20160219071356j:plain

2016.2.1(月)

多分…夫さんは私を必要としてくれている…と信じたい。
仕事的でもいいから、そうであるとありがたいなぁ。

まぁそれとは関係なく(^^)

私はよく人に道を尋ねられます。
職場の前を掃き掃除しているときは、まぁこの辺の事を知っているだろうと思われて、道を尋ねられることもあるかなとは思います。
でもきっとその確率はとても高いと思っています。
他にも山ほど人が歩いている道で、ただただ歩いていても、すれ違いざまに「すみません、○○駅はどっち?」と聞かれます。

不思議ですねぇー。
お尋ねくださいって顔に書いてあるのかもしれません(笑)

 

 


ロフトネットストア|ワナドゥ手帳 ロフトネットストア